カテゴリ: 口が閉じづらい・アゴのシワ
村田歯科 横浜矯正歯科センター Blog

口ゴボ モンキーフェイス 上下顎前突について

横浜駅前にある「村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター」です。

二転三転? 紆余曲折? 七転八倒? 優柔不断?  〇▲○◎?

良くも悪くも、いよいよ「東京オリンピック パラリンピック」が始まりますね(予定)kaeru04.gif☆彡

海外から入国される方も多数いらっしゃるかと思います。新型コロナウィルス感染症対策には、引き続き!気を付けて行きたいと思います。

 

さて、最近、相談にいらした患者様から、「ガミースマイル」を治したい。「イーライン」を整えたい。「バードフェイス」「アゴ無し」を治したい。「口ゴボ」を治したい。「スマイルラインを綺麗にしたい」等々、専門的?俗語的? な用語を用いた相談をお受けすることがございます。

この中で、今回は「口ゴボ」についてです。専門的には俗語です。

専門的に歯科矯正学的診断で言うと「上下顎前歯前突」と言う診断名がつきます。

口元が前方へ突出した状態のことを言います。ga-n01.gif顎を含めた顔の下半分が突き出している状態、すなわち、唇の中央付近を頂点として、口元全体が山のようにもっこりと前方に突き出している状態です。

こうした容貌は「モンキーフェイス」🐵的分類から「モンゴロイド」という分類に属する日本人(アジア系)には多いタイプとされています。

口ゴボで起こるのが、「横顔のフェイスラインが格好悪くなる」という問題です。いわゆるイーラインより、唇が大きく突出してしまうということです。icon_eek.gifそして、お口が閉じにくい場合が多く、「口唇閉鎖不全」「口呼吸」を伴っている場合が多いです。

よって、見た目だけでははく、お口の環境としても、あまり良い状態とは言えません。

生じる原因としては、諸説ありますが・・・・

まず、前にも述べたように日本人は元々持っている骨格の特徴によって、口ゴボになりやすいともいわれます。そのうえで、さらに助長してしまう原因などを挙げてみます。

  1. 頭の形が、欧米人は前後に長いが幅が狭く、日本人は左右に広いものの前後が短いという傾向が認められるようです。日本人の頭蓋骨には前後方向にあまりスペースの余裕がないということになります。その結果、頚椎、筋肉や周囲の組織の器官によって頭蓋骨の下半分の多くのスペースが占められてしまい、上下の顎が前方に突き出してしまいやすいとも言われています。
  2. 鼻腔と喉の間にある「アデノイド」が肥大することによるとも考えられています。「アデノイド」は、幼児期に最大となり、その後、成長とともに小さく縮んでいきますが、まれに極端に大きく成長してしまうことがあります。これにより、鼻呼吸ができず「口呼吸」になります。すると、顔の下半分の筋肉が常に緩み、下顎が小さくなって後退してしまう原因となります。代わりに上顎が前に出て、出っ歯ぎみになっていくなど、口ゴボの特徴がはっきりと表れてきます(アデノイド顔貌と呼ぶこともあります)。
  3. 「2.」にもありましたが、「口呼吸」すなわち「鼻咽腔疾患(鼻づまり)」によるものがあげられます。アレルギー性鼻炎や蓄膿症の放置により「鼻咽腔疾患(鼻づまり)」による子供のころから口呼吸が習慣付いると成長期にたりすると下顎の成長が阻まれ成長の過程で「口ゴボ」になってしまったり、また、口呼吸により、上下の口の周りの筋肉(口輪筋)が緩み、上下あごの骨の過成長が助長されたり、歯の軸が前方に傾斜してきて「口ゴボ」になったりします。
  4. その他、時に「頬杖」「指しゃぶり」「舌のクセ」などでも「口ゴボ」を助長することもあります。

 

次に代表的な治療方法を挙げてみます。ただし、本来治療方法という物は、「良くするために何が必要か?」「医学的な見解に基づいて、異常な部分を正常に治すために何が必要か?」ということが「根本」「原点」になります。

そのうえで、状況やご本人の希望を伺って方針や目標を決めていくものだと考えています。

①矯正治療(矯正歯科治療単独)

皆様ご存知のように、矯正装置(ブラケット)を装着し治療をすすめます。矯正のための抜歯をしたり、最近では、歯科矯正用アンカースクリューを利用して治療をすすめます。この歯科矯正用アンカースクリューの併用により、従来では限界があったケースでも劇的に変化し、改善効果が期待できます。

 

外科矯正治療(矯正治療と 外科的手術を併用)

お口の中の歯並びに加えて、骨格的な問題がある場合に良好な結果が得られます。ただし、精密検査の結果、「骨格性上下顎前突」=「顎変形症」と診断された場合に限ります。口ゴボの状態であれは誰でも選択できるという物ではありません。骨格的な原因により、上下の口元がている場合に上下顎の骨格を改善として、矯正治療と手術を併用します。手術としては、SSRO(下顎枝矢状分割術)、Lefort Ⅰ 型骨切り術、Wassmund-Wundere法(上顎歯槽部骨切り術)、オトガイ形成術など、ケースによって行う手術の組み合わせは異なります。この状態は「顎変形症」という病名のもとに指定の医療機関では「健康保険適応」になり、患者様の治療費負担が軽減されるメリットがあります。

 

美容外科(見た目優先)の治療

美容整形によって鼻を高くして、顎の先を前方に出すことによって相対的に上下の唇を後方に下げ横顔や見た目の改善することです。鼻にヒアルロン酸を入れる方法とプロテアーゼというシリコンを入れて鼻を高くする方法があります。このようなヒアルロン酸やプロテアーゼなどを利用した方法は短期間で見た目の改善は可能かと思います。上下の歯の位置や角度は正常ですが、元々顎がなく、鼻が低い方に有効です。また、本来骨格性の「口ゴボ」状態ですが、手術はしなくないという方は「矯正治療単独」と併用すると比較的良好な結果が得られる場合もあります。

 

治療方法としては色々とありますが、前にも述べたように、まず、ご自身がどういう状態、ケースなのかを知ることです。良くするために何が必要か?」「医学的な見解に基づいて、異常な部分を正常に治すために何が必要か?」医学的診断をしっかりしてから考えることが大切です。

最近では、ネットやSNSなどの情報から、つい、治療方法ばかり先走って考えてしまいがちな傾向が見受けられます。b-orooro.gif

ご自身の状態にあっていない治療を行っても希望通りには治らないという、苦い思いもしかねません。

治療にも出来る事出来ないこと、メリット、デメリットがあります。まず。医学的な診断については精密検査を行い診断する必要があります。そして、ご自身の正直な状態を知った上で、治療を進めていく必要があります。

当院は指定医療機関です。お気軽にご相談いただければと思います。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ガミースマイル, ブログ, 保険が効く矯正, 口が閉じづらい・アゴのシワ, 口元・笑顔, 外科矯正・顎変形症・口蓋裂, 歯並び, 治療法, 矯正歯科, 矯正治療のメリット, 矯正装置・治療法, 顎変形症 and tagged , , ,

いびき 睡眠時無呼吸症候群 下顎後退症

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センターです。

この年末にかけて新型コロナウィルス感染症の再感染が拡大しつつありますね。

当院でも患者様用の手指消毒液衣類用除菌剤を受付にてご用意し、院内の定期喚起や柔軟な対応を行い、新型コロナウィルス感染症対策を緩める事なく、また、日々の診療にあたっています。

 

「いびきがひどい」または「自身のいびき(息苦しさ)で目が覚める」

「口が閉じづらい」

「口(上下の唇)を閉じるとアゴの先端に梅干し(しわ)ができる」

「舌を向くとの著しく飲み込みづらくなる」

「日中にひどい眠気がある」

「寝ても良く寝られたきがしない」

など、上記の症状をお持ちの方はいらっしゃるでしょうか?b-orooro.gifup.gif

この場合、矯正歯科分野でいうと「下顎後退症」「小顎症」などと言います。

つまり、下顎が引っ込んだ状態で、アゴの先の部分(以下「オトガイ」)があまり出て居ない状態です。

そして、こういった状態では「気道が狭い」状態を伴っている場合も少なくありません。さらにこの場合、「ひどいいびき」と共に「睡眠時無呼吸鵜症候群の症状を併発していることが多々あります。

最近では、意外と女性に多い気がします・・・・b-gaaan.gif

 

アゴが小さいというと「美容外科での美容整形では?」「咬み合わせや歯並びで治るの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・・・

 

矯正歯科治療でも、骨格と歯並びに問題がある場合は、外科矯正手術(保険の矯正)の治療が適応になることがあります

また、アゴの位置(咬み合わせだけが)大きくズレている場合は矯正治療単独でも改善することもあります。

逆に「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の治療を耳鼻咽喉科や睡眠外来などで nurse.gifup.gif

専門的な治療(シーパップやスリープスプリントなど)していたけれど・・・・

根本的に咬み合わせやアゴの骨格の治療が必要と判断book.gifされた場合などは、

耳鼻咽喉科や睡眠外来などから外科矯正治療をすすめられ受診されることもあります。

 

あくまで「顎変形症の治療を行う矯正歯科医」での治療になりますので、骨格の問題がなく、歯並びや咬み合わせの影響も考えにくい場合の「睡眠時無呼吸症候群」の治療は専門の耳鼻咽喉科や睡眠外来での治療となります。book.gifup.gifkaeru01.gif

 

当院では、このように「睡眠時無呼吸症候群」の症状を併発し、根本的に☆骨格的な改善を必要☆とされる患者様の矯正治療を行っております。kaeru02.gifup.gif

 

つまり上下の骨格の形態や位置の差が大きく「顎変形症」の診断を受けた場合、骨格の改善と共に気道に対するアプローチをするため、結果、併発する「睡眠時無呼吸症候群」の改善につながるということになります。kira01.gifb-onegai.gif

 

そして、顎変形症の診断がおりているわけですから・・・・もちろん!

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関)・顎機能診断施設 の指定を受けている医療機関では「健康保険」の適応となります。当院も指定を受けていますので、もちろん、保険が適応されます。もちろん、治療費の自己負担は少なくてすみます。bye03.gif

 

「睡眠時無呼吸症候群」や「気道」に関連した矯正歯科治療を行う矯正歯科医(矯正専門医)もあまり多くないかと思います。私自身も色々なご縁があり、「気道」や「呼吸」を考えた矯正治療を考えるようになっていきました。

 

まだまだ、矯正歯科は「美容」「歯並びの見た目」など美容医療的はイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。また、美容主体の治療を打ち出した宣伝広告なども見受けられます。b-orooro.gif色々考え方もありますし、それが悪いということではありません。

 

ただ・・・・・・

「咬み合わせを良くするために矯正治療をしたので、口元が出て見た目が悪くなった」icon_sad.gif

「検査して口元は悪くないのに、口元をすごく引っ込めたいので、必要以上の抜歯を行って歯ぐきの問題がでた」icon_confused.gif

「絶対抜かない矯正治療ということで、広げて治療したが口元が出てしまい、口呼吸になり歯ぐきが腫れやすくなった」icon_mad.gif

「上の前歯だけの部分矯正を行ったが、下の奥歯が倒れていて、一見、見た目は良くなったが、食べる時に良く舌や頬の内側を噛むようになってしまった。」icon_twisted.gif

 

など、「見た目重視」「咬み合わせ重視」など、どこか一部と取り出して、別々の偏った治療目標にしていては、キチンと良くはならないと思います。

 

 

「骨格バランス、咬み合わせ、歯並び、舌の位置、口の閉じやすさ、癖」など総合的に診断して治療すれば、おのずと、歯並びや口元の見た目の改善は付いてくるものです。

今回の「いびき」「睡眠時無呼吸症候群」を併発した「顎変形症(下顎後退症、小顎症)」は、さらに「呼吸」「気道」のことも考えたプラスアルファの矯正治療です。hare.gif

 

矯正歯科治療の可能性や適応範囲もどんどん広がっています。

 

「ひどいいびき」「睡眠の質がわるい」「日中の眠気がひどい」などお一人で悩まず正しい情報を得るためにも、お気軽に矯正歯科の初診・相談を受けてみてください。nurse.gif

 

矯正歯科治療で、お役に立てることがあるかもかもしれません。

 

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 下顎後退症, 保険が効く矯正, 全身への影響・健康への影響, 口が閉じづらい・アゴのシワ, 口呼吸, 口呼吸・オトガイ, 外科矯正・顎変形症・口蓋裂, 未分類, 睡眠時無呼吸症候群, 矯正歯科, 矯正装置・治療法, 顎変形症 and tagged , , ,

出っ歯 上顎前突 原因 歯列矯正 

横浜駅 当院は横浜駅から一番近い矯正歯科一般歯科を個別に併設した医院です。横浜駅 きた西口徒歩30秒 村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正歯科認定医以上の歯科医による舌側矯正顎変形症(保険の矯正)マウスピース型矯正装置など、より専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。 同施設内には、一般歯科も併設しており、一般の虫歯治療、詰め物・かぶせ物(ブリッジやクラウン)、抜歯などの口腔外科処置、小児歯科処置や歯周病治療なども併設の施設で受けることが出来ます。

 

 

「歯が出ているのが気になる」
「出っ歯なのですが治りますか?」
「前歯が出ていて、骨も出ている気がします。」b-orooro.gif

などなど、前歯や上アゴの突出感に悩んで、矯正歯科を受診されるかたも多くいらっしゃいます。

 

「歯並びが悪い」「咬み合わせが悪い」とういことを「不正咬合」と言います。
アゴや顔面、歯などが様々な原因で、その発育、形態や機能の異常をきたし、それらが原因となり正常な咬み合わせでなくなった状態の総称です。

不正咬合には色々な種類、呼び名があります。

「下顎前突(かがくぜんとつ)」「開咬(かいこう)」「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」「上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)」「過蓋咬合(かがいこうごう)」「顎変形症(がくへんけいしょう)」など様々です。b-gaaan.gif

 

あるいは、状況によってはこれらが組み合わさる状態になることもあります。

 

その中でも、比較的多くの患者さんが悩んでいらっしゃいます!
「上顎前突」!いわゆる「出っ歯」についてです。

「出っ歯」を主訴として来院してくださる患者様は当院でも多くいらっしゃいます。

以下、「出っ歯」=「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と記載します。

実は、上顎前突というのは日本人に多いと言われています。その一因として、上顎のアーチが横に広い欧米人と比べ、日本人はアーチが縦長で狭くなりやすいという要因があります

その上顎前突の原因には・・・

①先天的要因 ②後天的要因 ③先天的と後天的が複合的な場合の3つがあります。kaeru04.gifup.gifbook.gif

 

①「先天的要因」

①の「先天的要因」というのは、つまり「うまれつき」という意味です。
骨の大きさや位置など骨格に由来するものです。骨格はご両親、もしくは祖父母の骨格の遺伝をある程度受けますので、親族の中に上顎前突を持つ人がいる場合、その影響を受ける可能性があります。たとえ、近しい親族でなくても遺伝的要素が現れる場合もあります。

 

②「後天的要因」

②の「後天的要因」というのは「うまれた後から」という意味で、遺伝的には顎の骨の大きさや位置には問題がなかったものが、癖や生活習慣などで、特に上の前歯が前方に突出している場合です。主な原因としては以下のような状態やクセがあげられます。

・指しゃぶり(特に4歳以降の指しゃぶり)
・舌や下唇を前歯で噛む
・舌で前歯を押す
・爪を噛む
・口呼吸(鼻が悪い)
・頬づえ
・親知らずの萌出・歯周病が原因で歯が抜け、周囲の歯が倒れてしまう

 

③  先天的と後天的が複合的な場合

③は①と②が合わせって、さらに良くない悪循環にさらされて、著しい上顎前突になってしまう場合です。もちろん、程度にもよりますが、この場合、骨格的なズレのある「骨格性上顎前突」になってしまっている場合もあり。矯正治療と外科手術が必要となる「顎変形症(骨格性上顎前突)」となっている場合もあります。

「上顎前突(出っ歯)の原因」は様々なところに潜んでいます。自分では気にしていなかった事も、もしかするとご自身で「上顎前突(出っ歯)の原因」を作っているのかもしれません。また、お子さんの「上顎前突(出っ歯)の原因」見過ごしてしまう危険性もあります。ga-n01.gif

今一度、癖や歯並びを確認してみてください。そして、まずは矯正歯科にご相談にいらしてみてください。思っていることと異なる状態が発見されるかもしれません。

 

さらに、「上顎前突(出っ歯)」は、本当に正真正銘「上の歯が出ている」場合だけでなく、2つのタイプに分けることができます。b-orooro.gif

そして、治療法も変わってきます。

以下のようなタイプです。
① 上顎が大きすぎるために、顎ごと前に出ているタイプ(上顎前突症)
② 下顎が小さすぎるために、下顎が奥に入り過ぎているタイプ(下顎後退症)

 

これらのタイプについては、少々長くなるので、次のブログ記事にて掲載させていただきたいと思います。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 上顎前突, 下顎後退症, 口が閉じづらい・アゴのシワ, 口呼吸, 口呼吸・オトガイ, 大人の矯正, 未分類, 歯並び, 治療法, 癖・習癖, 矯正歯科, 笑顔・スマイル, 顎変形症 and tagged , , ,

アゴの発達 歯並び 影響 

横浜駅前 村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センターは、横浜駅前にて約40年以上の歴史を持つ歯科医院です。横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分 また、横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの当院では、矯正歯科治療を専門に行う矯正歯科医による舌側矯正マウスピース型矯正顎変形症(保険の矯正)、気道を考えた矯正治療(睡眠時無呼吸症候群)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

近年のお子さんの顔立ち?アゴ?は、スーっと細いケースが目立つようになりました。、アゴの大きさはある程度は、遺伝による先天的な要素もあります。

しかし、栄養状態、食生活や姿勢などの生活習慣(環境因子)も影響していると考えられています。アゴの発達不全による不調和は、歯並びにだけでなく、全身にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

具体的にはいくつか例をあげてみました。

<乳児期での悪い影響>
・食材をうまく噛むことができず、丸のみしてしまう。
・食べ物を片側で咬むクセがつく(片側咬み)
・食べるのに時間がかかる
・唾液の量が少ない
・口呼吸になりやすく、お口の中が乾燥する

 

<幼児期の悪い影響>
・歯ならびが悪い
・口呼吸による歯肉炎が起きやすい
・飲み込む力が弱い
・くちゃくちゃと口をあけたままものを食べる
・食べる姿勢が悪い
・首のゆがみが起こりやすい
・姿勢のゆがみ
・発音が悪い(舌っ足らず)

 

<小学生~中学生の時期での悪い影響>
・アゴが疲れやすい
・アゴの関節の痛みや音が鳴る(顎関節症)
・咬む力が弱く踏ん張る力や握力が弱い
・口呼吸によるお口の中のトラブル(歯肉炎、歯周炎など)
・虫歯になりやすい
・発音がわるい
・飲み込み方の悪い癖がつく(異常嚥下壁)

などです。

 


アゴの発達不全は、遺伝的な要素を除けば、低年齢からの生活習慣の影響が大半です。悪い癖がつけば当然影響しますし、癖が強くなればなるほど治しにくくなります。悪い癖や原因は早い時期から適切な対応であればあるほど治りが早くなります。

 

歯並びだけを見て判断するのではなく、将来、お子さんに辛い思いをさせないためにも、小さい頃から親御さんが注意を払い、できることをやってあげて欲しいと思います。

 

 

少しでも気になることがあれば、矯正歯科を受診してください。本来、矯正歯科医は歯並びを並べるだけではありません。生活習慣、呼吸やクセなどをしっかり見極めて、指導していくこともおこなっています。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:こどもの矯正治療, ブログ, 全身への影響・健康への影響, 口が閉じづらい・アゴのシワ, 姿勢, 子供の矯正, 年齢, 未分類, 治療法, 癖・習癖, 発音・しゃべり方, 矯正歯科, 赤ちゃん 乳幼児 and tagged , , , ,

口が閉じづらい アゴ シワ 梅干し オトガイ緊張

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センターは、横浜駅前にて約40年以上の歴史を持つ歯科医院です。横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分 また、横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの当院では、矯正歯科治療を専門に行う矯正歯科医による舌側矯正マウスピース型矯正顎変形症(保険の矯正)、気道を考えた矯正治療(睡眠時無呼吸症候群)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正歯科医常勤)。

 

今回は、初診相談で来院される患者さんから、よく言われるお悩みの中から・・・
「口が閉じづらい」ということについてです。

特に・・・・
「口を閉じるとアゴの先端に梅干のようなシワができる」
「油断するとすぐ口が開いてしまう」というお悩みについてです。

原因と治療法について少々お話させていただきます。

お口を閉じる(上下の唇と合わせると)と下アゴの先端に梅干様のシワができることがあります。

主な原因としてはアゴの位置や口周囲の筋肉に対して前歯の上下の位置関係に問題がある場合、口が閉じづらくなり、さらに口が閉じようとすると下唇がオトガイ筋という下唇とアゴの先端にかけて存在する筋肉を上に持ち上げて、筋肉が過度に緊張するとアゴに梅干し様のシワが現れます。

 

要は、筋肉のバランスに対して、歯が前に傾斜している(歯が出ている)と唇が遠回りして閉じなくてはならなくなり、オトガイ筋が過剰に引っ張られ、アゴの先端(オトガイ部)にシワが出来てしまいます。


特にこれを、「オトガイ緊張」と言います。
同時にシワができる方は、油断するとすぐにお口がおいてしまうということになります。


では、どんな場合に多く「オトガイ緊張(アゴの梅干し)」できるのでしょうか?

  • 上下の歯が出ていてる(上下アゴ前突)。表現は悪いかもしれないですが、「カッパ口」「サル口」のようなイメージです。
  • 下アゴが著しく後退している状態。アゴが小さい、アゴの先端がない、バードフェイスなど下顎後退症とも言います。
  • 著しく面長な顔の形をしている。
  • 噛み合わせても前歯が咬み合わない、上下の唇が常に離れている。いわゆる「開咬(オープンバイト)」という状態です。
  • 著しい舌のクセがある。舌突出癖や咬唇癖など舌を出すクセや唇を咬むクセが、日常的にある場合。

主な治療としては・・・・・

 

やはり、一番は矯正歯科治療です。

 

精密検査を行い、歯の問題なのか?あるいは、骨格的な問題もあるのか?咬み合わせの位置の問題なのか?さらには、これらが混在しているのか?


きちんと専門的な矯正治療の精密検査をすれば、必ず原因がわかります。

 

治療としては・・・・

  • 必要に応じて、矯正の便宜抜歯を行い前歯の傾くを正しくする(口元を下げる)
  • 上下のアゴの垂直的な位置異常によるものであれば、矯正用アンカースクリューなどを併用した矯正治療を行う
  • 骨格的な原因が大きい場合は、矯正治療と外科手術を併用した外科矯正治療を行う。これは、指定医療機関であれば健康保険が適用になります。

このように、ケースによって、治療方針は違ってきますが、「アゴのシワ」「口の閉じにくさ」を治療するのは、やはり、矯正歯科治療が一番効果的です。

 

勿論、歯ならびや咬み合わせも良くなります。

気になっていたりお悩みになっている方は、お気軽に矯正歯科にご相談ください。

村田歯科医院 /村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

 

 

 

日付:  カテゴリ:ブログ, 口が閉じづらい・アゴのシワ, 口呼吸・オトガイ, 未分類, 歯並び, 治療法, 癖・習癖, 矯正歯科, 笑顔・スマイル, 舌の癖(舌癖), 開咬 and tagged , , , ,