タグアーカイブ: デメリット

舌側矯正 デメリット メリット 裏側矯正

横浜駅前    の矯正歯科です。横浜駅前にて、開業40年以上の地域に根付いた歴史ある医院です。当院は、矯正歯科専門外来と一般歯科を併設した、自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。指定医療機関であると矯正治療でも健康保険が適応になります。矯正歯科専門の歯科医による舌側矯正、マウスピース型矯顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

先日、矯正歯科の初診相談にいらした患者様からこのような相談を受けました。

実は、以前、相談に行った矯正歯科の先生より・・・・

 

『あなたの場合、舌側矯正(裏側矯正)だと、ガミースマイルになってしまうから、上手く治療ができない!』

『マウスピース型の矯正治療ではないとできない、その方が良い治療ができます!』と・・・・・(*_*;

『私の場合、裏側矯正(舌側)だと治療はやっぱり厳しいですか? 』・・・・との相談です。

ん?ん?ん?ん?・・・・

 

通常だと、マウスピース矯正で治療できるケースは、全て裏側でも可能です。もちろん、表側の矯正でも可能です!!☆彡

きちんと診断し治療すれば、舌側矯正(裏側矯正)だとガミースマイルになるなんてこともありません。

 

この患者様のお口の中を拝見すると、全く問題なく、舌側矯正(裏側矯正)で治療が可能です。ただし、前歯のガタガタは確かに多めで、咬み合わせも深い状態で、舌側矯正で治療をする場合には、少々、工夫が必要なケースでした。

 

でも!全く問題なく舌側矯正(裏側矯正)でも治療が可能でした!!

 

時々、ネット記事などの記載で、

「歯の裏側に装置がつくため、診断や治療方法が難しく、歯並びの状態により不向きである。」

「前歯が内側に倒れやすい為、咬み合わせによっては歯を並べにくい」などというようなことを聞いたことがありますが・・・・

 

★私はそんなことは無いと思います。★

確かに内側に倒れやすい特徴があります。

しかし、その特徴的な動きを理解し、表側矯正とは違った、さらに専門的な力学や動き、作用などを熟知して治療を行えば必ず治ります。

舌側矯正(裏側矯正)特有の力学があります。

 

それは、その医院が舌側矯正(裏側矯正)をどれだけ積極的に請け負う医院なのか?あまり、ガタガタが著しかったり、咬み合わせが深い場合など、舌側矯正(裏側矯正)では治療を行わない医院もあります。

 

医院として舌側矯正(裏側矯正)どれだけ行っているかだと思います。

(医院によっては舌側矯正を行っていない医院もあります)

 

当院では表側で治療できるケースはほぼ全て裏側でも可能であると考えています。

 

裏側(舌側)矯正の装置も、小型化され違和感も少なくなっています。さらに、3D技術を取り入れた、最新の新しい装置の裏側矯正治療も積極的に治療を行っています。

 

 

当院では、舌側矯正(裏側矯正)で治療を受けていらっしゃる患者様も多くいらっしゃいます。

 

実際の事として、舌側矯正(裏側矯正)治療は、表側矯正と同様に歯と歯ぐきとそれらを支える骨(歯槽骨)がキチンとしていれば、治療は可能です。

 

年齢や性別はもちろん関係ありません。😊

 

何か、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ガミースマイル, ブログ, 中高年の矯正, 初診・相談, 大人の矯正, 歯並び, 治療法, 矯正歯科, 矯正治療のメリット, 矯正装置・治療法, 舌側矯正 and tagged , , , ,

部分矯正 正しい知識 全体矯正(後編)

横浜駅前 横浜駅からほど近い、横浜駅前で開業44年を迎える歴史ある歯科医院(徒歩1分)です。当院は、矯正歯科(矯正歯科専門の歯科医担当)と一般歯科を併設した歯科医院です。村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、舌側矯正マウスピース型矯正装置顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。矯正専門外来は土曜日も診療を実施しております。

 

今回の「部分矯正」について、矯正歯科の専門医として、正直な見解を書かせていただきます。と題した記事の「後編」です。

 

「前編」では、「部分矯正」について、メリットデメリットなど記事にさせていただきました。

「後編」では、「全体の矯正」と「部分矯正」の比較や本来の矯正治療の意味についてです。

 

もし、患者さんのお口の中で、全体的に悪い咬み合わせや歯列不正があるのに、前歯だけなど、一部分をだけを取り出して、そこだけ治したいというのであれば、他の部分で妥協点や不具合が必ず生じます。b-orooro.gif

(もちろん、奥歯の咬み合わせや歯並びは正常で、前歯の軽度なガタガタだけなら、部分矯正だけでも、正常に治せますb-hare.gif

 

なぜかというと、歯は一部だけを動かすことによって、歯並びのバランスが崩れてしまい、噛み合わせがおかしくなってしまうこともあるからです。book.gifkaeru01.gifup.gif(ここポイント)

 

実際、他医院で部分矯正をすすめられて治療を受けた後に、相談にいらした患者さんのお話です。

 

拝見すると、その方は上の前歯のみの部分矯正を受けたそうです。確かに、前歯はキレイに並んでいます。kira01.gifそこは問題ないのですが、下の歯を見ると左右の小臼歯が舌側(内側)に倒れ込んでいます。当然、上のアーチの幅に差が生まれ、舌を噛みやすい状態になってしまいます。naku02.gif

ここでの問題は、部分矯正で上の前歯はきれいになるけれど、咬み合わせの変化により、舌や頬の粘膜を咬みやすくなる可能性があるとの説明があったか?だと思います。

 

たとえば・・・・

「上の前歯が出ていて隙間が空いているので隙間をなくして欲しい」

「出っ歯が気になるので、上の歯だけの部分矯正でそこだけ引っ込めてくれませんか」

と言われることがあります。

 

上の歯だけ全体に矯正器具を付け、出っ歯になっている上の前歯の向きを内側に変えて上下の前歯の位置関係を合わせることは、技術的には全く不可能ではありません。nurse.gif

しかし、上の前歯の向きを変える力の反作用で、必ず奥歯の位置もずれるため、奥歯の噛み合わせが悪くなってしまいます。さらに上下の前歯の咬み合わせを考えなくては、歯並び歯並んだけれど、「口が閉じにくくなった」「咬みにくくなった」「舌を噛みやすくなった」b-gaaan.gifなどの症状も現れかねません。

 

もちろん、きちんと専門的な精密検査を行った上で、歯列不正が軽度で前歯だけでも支障なく矯正治療ができるケースでは部分矯正でも全く問題ありません。b-hare.gif

 

全体的に歯列や咬み合わせが悪い場合では、本来、全体矯正で噛み合わせのバランスを正すことが理想的となります。nurse.gif

ものをよく噛めないと、消化器系に負担がかかって病気になりやすいものですし、噛むことによる満腹感を得られなくて食事の量が多くなってしまう、繊維質が豊富な野菜や固い煎餅などをおいしく食べられなくなるなど、見た目の問題だけでなく、さまざまな不都合が生じます。

 

前歯だけがキレイになり、一見、笑顔が素敵な口元になれたとしても、舌を噛みやすくなった、前歯で咬みにくくなったなど、健康を害してしまったり、他のところに支障が生じてしまうようでは、その治療は良い治療とは言えないと思います。

 

正直な話、「ここだけを治したい」といらっしゃる患者さんの多くも、実際に歯並びを診てみると、見た目の歯並びと健康の両面を考え、医学的根拠に基ずく判断から多くの方が・・・・

 

「全体的な矯正治療が必要であり、本来、噛み合わせのバランスを正しく治療していくことが必要なケース」ということが多々あります。

「部分矯正」は、文字通り一部分を「見た目だけ」「一部分だけ」しか変えることができません。nurse.gif


ですから、本来、きちんと矯正歯科を専門的に行う歯科医(矯正歯科認定医以上)であれば、安易に積極的に部分矯正治療をすすめることはあまりないかと思います。(kaeru01.gifup.gif←ココポイントkira01.gif

 

当院では、矯正歯科治療の相談を受ける際には、部分矯正でやりたいと希望されても、全体的な矯正歯科治療を行う必要がある場合、なぜ全体矯正が必要なのかをきちんと説明します。常日ごろから、きちんとした説明を心がけています。

それでも、患者さんには、金銭面、時間、仕事や希望などそれぞれあるかと思いますので、「部分矯正」を希望されるかたもいらっしゃいます。

その際は、「メリット」「デメリット」「治療可能な範囲」などきちんとご理解をしていただいた上で、「部分矯正」を行います。(←ここが大切kaeru02.gifup.gifbook.gif

 

矯正歯科治療をすることは、見た目を美しくするためだけにあるのではなく、噛み合わせのバランスを正し、健康的な身体や快適な生活を手に入れるための、医学的根拠に基ずくものでもあることを忘れないようにしていただければと思っています。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 噛む 咬む, 大人の矯正, 未分類, 歯並び, 治療法, 矯正歯科, 矯正治療のメリット, 矯正装置・治療法, 部分矯正 and tagged , , ,