歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)
GMD、リップバンパー

矯正歯科治療では、顎と歯のバランスが悪い場合、歯並びを整えるために歯を抜くことがあります(便宜抜歯)。しかし、早期治療(第1期治療)によって、上下のあごのバランスを整え、歯並びを広げることで、永久歯を抜かないで歯並びを整えられる可能性が高くなります。

7歳頃から矯正治療を開始した早期治療(第1期治療)の場合、歯を抜かずにバランスよく治療を終えられる割合が高まるというデータがあります。当院では、子どもの時期に第1期治療からスタートする患者さまは、基本的には歯を抜かないで治療することを目標にしています。

成人からスタートする矯正治療でも、全てのケースで歯を抜くわけではありません。もちろん、顎の大きさや歯の大きさによっては、歯をきれいに並べるスペースを確保するために抜歯が有効なケースがあるのも事実です。

しっかりした診断ものと、最近では「矯正用アンカースクリュー(通称:矯正用ミニインプラント、矯正用ミニスクリュー、TADなど)」と呼ばれる矯正用の小さなネジを固定源として使った治療を行うと、従来、抜歯を行わなければ出来なかったケースだった成人の場合でも非抜歯による矯正治療の可能性が高まります。

幅広い選択肢の中、患者様一人一人に合った治療法を選び、無理のない適切な治療方法のなかで、出来るだけ歯を抜かない治療計画を目指しています。メリットとデメリットの説明を十分行ったうえで、最終的には患者さまに治療方法をチョイスしていただくようにしています。

装置写真

gmd

GMD

gmd

リップバンパー

gmd

拡大装置

 

矯正歯科について