見えない矯正歯科(裏側矯正)

治療方法

使用する装置:裏側(舌側)矯正装置
通称「リンガル」「ハーフリンガル」

歯の裏側に矯正装置をつける方法で、外からは矯正装置が見えないという最大のメリットがあります。歯並びの状況によって補助装置を利用したりする場合もあります。

上アゴは裏側矯正で行い、くちびるで隠れてあまり目立たない下アゴは外側の審美ブラケットで行うハーフリンガルという方法もあります。 装置の小型化により、発音障害や舌の違和感が軽減され、歯の移動もスムースになりより快適に裏側矯正を受けていただけます。

また、より違和感の少ない完全オーダーメイドの「インコグニートシステム」も採用しています。

※インコグニート完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

 

矯正歯科について