矯正歯科について

矯正歯科は審美的・機能的な改善を目的として歯並びや噛み合わせを正しくする歯科治療です。

歯並びは治したいけれど、装置は目立つし時間とお金をかけてまで・・・と考えてはいませんか?
悪い歯並びはただ見た目の問題だけではなく、実は体の健康や成長に大きな影響を及ぼします。
矯正治療は、審美的・機能的な改善を目的として歯並びや噛み合わせを正しくする歯科治療です。歯並び、口元、かみ合わせ、顎関節症や顎変形症(外科矯正)など、お口に関するお悩みは多くの方がお持ちです。そして、その多くは矯正歯科治療で改善できます。
専門的な矯正歯科治療を行う「村田歯科 横浜矯正歯科センター」は、豊富な実績で皆様の治療に取り組んでいます。
患者様の負担をできる限り抑えながら健康なお口を維持すること。そのためにより良い技術を取り入れた治療をご提供します。

すべての症例に見えない装置・見えにくい装置を使用

歯列矯正には幾つかの方法がありますが、最も一般的な方法はマルチブラケット法です。
マルチブラケット法とは、ブラケットという装置を動かしたい歯の表面に装着し、ワイヤーを通して歯列を整える方法です。
従来は、壊れにくく、治療の進行上有利という点から、金属製の装置を装着していたため、装置がどうしても目立ってしまうというのが患者さんの悩みでした。しかし、現在では材料の進歩により、治療効果や強度にほとんど差がなくなりました。当院では、すべての患者様で前歯には歯の色に近い半透明の装置を使用しています(見えにくい装置)。また、ワイヤーも従来の金属色ではなく目立ちにくいものを標準で使用しています。「それでも気になる」「仕事上の問題もある」という方は、裏側からの装置を使用します(見えない装置)。
見えない装置では、見た目には全くわからず審美的に有利です。
また、装置が歯の内側にあり、常に唾液で湿った状態で比較的虫歯になりにくかったり、舌の悪い癖(舌癖)も抑制する効果などもあります。一般的に歯の裏側に装置がつくため、歯並びの状態により不向きである、装置が高額などの問題点も言われていますが、当院では低価格でより小型化された新しい装置を裏側矯正に取り入れ積極的に治療を行っています。
担当医によく相談して各装置の特徴をよく理解し、自分の希望にあった装置を選択するよいでしょう。

見えにくい装置 見えない装置

矯正歯科についてご案内致します。

悪い歯並びが身体に及ぼす影響

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

歯並びが悪いとどういうことがおこるか?

詳細を見る

矯正歯科を行うタイミング(適正年齢)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

矯正治療はいくつになってもはじめられます。

詳細を見る

見えない矯正歯科(裏側矯正)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

歯の裏側から矯正し、外からは矯正装置が見えません。

詳細を見る

見えにくい矯正(白い矯正装置)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

審美性も高く、衛生的。痛みも少ない最新の矯正装置

詳細を見る

インプラント矯正(最新の矯正歯科)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

小さなスクリューを歯ぐきから骨に埋め込み、歯の移動に必要な固定源として用いる治療法

詳細を見る

マウスピース矯正

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

治療終了時までの歯の動きをシミュレーションを基に、透明なマウスピースをカスタムメイド

詳細を見る

非抜歯矯正(小児期からの抜かない矯正)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

お子様の歯を抜かずにに矯正する治療法

詳細を見る

外科矯正治療 (手術 入院は提携病院に依頼)

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

顎の骨を外科的に手術で切って動かす治療法

詳細を見る

矯正歯科セカンドオピニオン

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

専門的知識を持つ第三者への「意見を求める行為」

詳細を見る

様々な診断機器と設備

矯正治療中の抜歯や虫歯治療にも対応可能

矯正治療のための最新機器と設備

詳細を見る