すきっ歯

すきっ歯の原因

・ アゴの大きさと歯の大きさに大きな不調和がある。
・ 舌が通常より大きい 。
・ 「舌の癖」や「飲み込み方の癖」がある。
・ 鼻の通りが悪く口呼吸である。
・ 舌の圧力が強い。
・ 歯がもともと足りない(先天欠損)。
・ 生えるべき歯が骨の中に埋まったままになっている(埋伏)。
・ 歯の形がもともと小さい、または、形態異常がある。

治療法

「舌の癖」や「飲み込み方の癖」がある場合は、タングガードなどを使い原因となる悪い癖を抑制します。小児期の場合、原因を取り除くだけで改善できる場合もあります。
永久歯の並びになってからでも治療は可能ですが、骨格の成長に悪い影響を及ぼすこともありますので、小児期からの早期治療でより良い治療効果があります。
筋機能療法というリハビリを併用する場合が多いです。
複雑なワイヤーや矯正用インプラント(矯正用アンカースクリュー)を用いると良好な結果が得られる場合が多いです ・ 上下顎の骨の大きさや形態異常が伴う骨格性の場合は、外科矯正治療が必要な場合がある。この場合は保険が適応されます。
歯の形がもともと小さかったり、形態異常がある場合は、矯正治療と補綴治療(差し歯や被せ物)を併用します。

アフターケア

歯を動かす治療の終了後は、リテーナー(保定装置)という、後戻りを防止し歯並びを安定させる装置を約2年程度使用します。
舌の癖や飲み方の癖が強くある場合は、合わせて筋機能療法を継続し、長期的な管理が必要になります 必要に応じ、発音訓練により舌の筋肉を鍛える場合があります。
矯正治療後に親知らずが残っていて、生え方がおかしい場合、または、歯並びを悪くさせる可能性がある状態では、早めに抜歯をしたほうがよいでしょう。ただし、生え方が良好な親知らずは、必ずしも抜かなければならないということではありません。
歯並びやかみ合わせが安定したあとも、虫歯・歯周病や歯ぎしりなどにより、歯がズレて来る場合があるので定期的な検診は半年から1年に1回は受けるようにしましょう。

治療期間

大人の矯正の場合

① 精密検査から診断結果・治療説明まで:約1~2週間
② 歯を動かす治療:約1年半~2年程度
③ 整った歯並びを安定させる期間(保定):約2年程度

こどもの矯正の場合

① 精密検査から診断結果・治療説明まで:約1~2週間
② アゴを広げたり、歯を動かす治療(第Ⅰ期治療):約1年~1年半程度
③ 永久歯交換待ち期間:約2~3年程度
④ 永久歯の治療が必要な場合(第Ⅱ期治療):約1年~1年半程度
⑤ 整った歯並びを安定させる期間(保定):約2年程度

※ 永久歯がキレイに生えそろい、第Ⅱ期治療が不要だった場合は、④⑤のステップはなくなります。

症例

治療前
1期治療終了
治療後
治療方法
抜歯による治療・審美ブラケット(見えにくい装置)使用

前歯にすき間が開いているため、審美ブラケット(見えにくい装置)により、上下前歯のすき間の閉鎖を行いました。その後、保定装置(リテーナー)を使用し、永久歯の生え変わりを待ちましたが、保定装置の使用状況も良く永久歯の生え方も良好なことから、小児矯正(第1期治療)のみで治療終了となりました。

治療期間
第1期治療 約6ヶ月
永久歯交換待ち 約26ヶ月

治療費用
相談料 0円
精密検査料 40,000円
矯 正 料 250,000円 + 月1回再診料
(1,000~5,000円)

※ 小児矯正(第1期治療)のみで終了
※価格は税抜で表示しております。

治療費用

小児矯正(第Ⅰ期治療)のみで終了できた場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 250,000~400,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

小児期~永久歯(第Ⅰ期治療~第Ⅱ期治療)で終了した場合
精密検査料 20,000~40,000円
第Ⅰ期矯正料 250,000~400,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)
第Ⅱ期矯正料 200,000~350,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

成人(永久歯)からの矯正の場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 500,000~700,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

成人(永久歯) 裏側からの矯正の場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 500,000~700,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)
裏側装置料 上 下 裏側   250,000~350,000円(矯正料に加算)
上顎のみ裏側 150,000~200,000円(矯正料に加算)

※価格は税抜で表示しております。

保険が適応される場合

厚生労働大臣が定める先天性の特定疾患による不正咬合・口蓋裂や手術顎変形症(外科矯正)と診断された方の外科手術を伴う矯正治療は、健康保険が適用となります。
(保険適応の矯正治療費の目安)・・・3割負担の方の場合

矯正費用 25万円くらい(検査費用、調整料金等含む)
外科手術・入院費用 25万円~40万円くらい(病院によって差額ベット代金の負担のため)

※保険の場合は、症状により患者さんごとで通院回数や合計費用は変わってきます。

尚、矯正料に関しては、診断の結果、各症状の治療内容により確定します。コンサルテーション(診断結果・治療方針の説明)の際にお知らせいたします。

 

矯正歯科について