あごのズレ・あごが曲がっている

あごのズレ・あごが曲がっている原因

・ アゴの大きさと歯の大きさに不調和がある
・ 上下のアゴの幅に不調和がある(特に上アゴが狭い)
・ 乳歯列のときに多くの虫歯があり、乳歯を早期に抜歯した (または、抜けてしまった)
・ 歯が斜めに生えて重ったり、凸凹に生えてくる歯の位置の異常
・ 左右どちらかで噛む、片側噛み癖がある
・ 普段、頬杖やうつ伏せ寝を頻繁にしている
・ 遺伝的な要素があった

治療法

特に成長期の子供の矯正治療では、早期治療により隙間を確保し、歯列のアーチを前後や横に広げてアーチの幅の不調和を改善します。この場合、歯を抜かない治療が可能なケースが多くあります。
歯の重なりの程度が強い場合には、永久歯の抜歯(便宜抜歯)が必要になります。抜歯というデメリットもありますが、期間の短縮と負担の軽減というメリットがあり、治療結果も良くなります。便宜抜歯をすることにより、障害や不具合が起こることはありません。
頬杖やうつ伏せ寝を頻繁にしている場合は、これら生活習慣の改善を促します。
骨格の大きさや歪みが大きな骨格性の場合は、歯の移動だけでは良い結果が得られないために、あごの外科手術を併用した外科矯正治療が必要になります。外科手術は提携の大学病院で行い、入院は1~2週間必要です。手術は一般的なもので危険なものではありませんが、手術の担当医師と十分なカウンセリングの後、判断していただきます。

アフターケア

歯を動かす治療の終了後は、リテーナー(保定装置)という、後戻りを防止し歯並びを安定させる装置を約2年程度使用します。
舌、飲み方や片噛みなど噛み癖が強くある場合は、合わせて筋機能療法というリハビリを継続します。 頬杖やうつ伏せ寝を頻繁にしている場合は、これら生活習慣の改善も継続して管理します。
矯正治療後に親知らずが残っていて、生え方がおかしい場合、または、歯並びを悪くさせる可能性がある状態では、早めに抜歯をしたほうがよいでしょう。ただし、生え方が良好な親知らずは、必ずしも抜かなければならないということではありません。
歯並びやかみ合わせが安定したあとも、虫歯・歯周病や歯ぎしりなどにより、歯がズレて来る場合があるので定期的な検診は半年から1年に1回は受けるようにしましょう。

治療期間

大人の矯正の場合

① 精密検査から診断結果・治療説明まで:約1~2週間
② 歯を動かす治療:約1年半~2年程度
③ 整った歯並びを安定させる期間(保定):約2年程度

こどもの矯正の場合

① 精密検査から診断結果・治療説明まで:約1~2週間
② アゴを広げたり、歯を動かす治療(第Ⅰ期治療):約1年~1年半程度
③ 永久歯交換待ち期間:約2~3年程度
④ 永久歯の治療が必要な場合(第Ⅱ期治療):約1年~1年半程度
⑤ 整った歯並びを安定させる期間(保定):約2年程度

※ 永久歯がキレイに生えそろい、第Ⅱ期治療が不要だった場合は、④⑤のステップはなくなります。

症例

治療前
治療後
治療方法
抜歯による治療・審美ブラケット(見えにくい装置)使用

前歯・奥歯ともにガタガタがひどく、さらに上下アーチの幅に不調和があり、上下の中心の位置も著しくズレていることから、上下顎左右第1小臼歯、を抜歯しスペースを確保し、さらに審美ブラケット(見えにくい装置)により上下アーチを整え治療を行いました。

治療期間
治療期間 約20ヶ月
治療費用
相談料 0円
精密検査料 40,000円
矯 正 料 650,000円 + 月1回再診料
(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

治療費用

小児矯正(第Ⅰ期治療)のみで終了できた場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 250,000~400,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

小児期~永久歯(第Ⅰ期治療~第Ⅱ期治療)で終了した場合
精密検査料 20,000~40,000円
第Ⅰ期矯正料 250,000~400,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)
第Ⅱ期矯正料 200,000~350,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

成人(永久歯)からの矯正の場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 500,000~700,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)

※価格は税抜で表示しております。

成人(永久歯) 裏側からの矯正の場合
精密検査料 20,000~40,000円
矯 正 料 500,000~700,000円 + 月1回再診料(1,000~5,000円)
裏側装置料 上 下 裏側   250,000~350,000円(矯正料に加算)
上顎のみ裏側 150,000~200,000円(矯正料に加算)

※価格は税抜で表示しております。

保険が適応される場合

厚生労働大臣が定める先天性の特定疾患による不正咬合・口蓋裂や手術顎変形症(外科矯正)と診断された方の外科手術を伴う矯正治療は、健康保険が適用となります。
(保険適応の矯正治療費の目安)・・・3割負担の方の場合

矯正費用 25万円くらい(検査費用、調整料金等含む)
外科手術・入院費用 25万円~40万円くらい(病院によって差額ベット代金の負担のため)

※保険の場合は、症状により患者さんごとで通院回数や合計費用は変わってきます。

尚、矯正料に関しては、診断の結果、各症状の治療内容により確定します。コンサルテーション(診断結果・治療方針の説明)の際にお知らせいたします。

 

矯正歯科について