タグアーカイブ: 過蓋咬合

過蓋咬合 ディープバイト 

神奈川県横浜市西区 村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」です。当院は横浜駅から一番近い場所に立地した施設です(横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分、横浜駅東口「きた通路」より徒歩2分)。矯正専門医による舌側矯正マウスピース矯正顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。また、 同施設内には、一般歯科(平日:10:00~19:00)も併設しており、必要に応じ一般の虫歯治療、詰め物・かぶせ物(ブリッジやクラウン)、抜歯などの口腔外科処置などもあわせて受けることが出来ます。

 

噛むと歯ぐきが痛い! icon_cry.gif

時々、歯ぐきに傷が出来る!

赤くなっている!

歯周病でもないのに歯ぐきが下がっている(歯が長く見える)!

噛むと下の前歯があまり見えない(半分以上みえない)!

 

こんな症状がありませんか?

特に・・・・・・

噛むと上の歯の裏側の歯ぐきが痛い、キズになる(時々でも)

特に噛むと下の前歯の歯ぐきが下がっている(歯が長く見える)

 

こんな症状で心当たりがある方は、 「過蓋咬合(ディープバイト)」 という状態の可能性があります。

過蓋咬合とは、歯列不正の一症状の状態をいいます。

 

簡単にいうと、「かみ合わせが深い」という状態です・・・・・ga-n01.gif

DSCN0048

この「深い」というのは、上の前歯が下の前歯を覆いかぶさる量が非常に多い場合を意味します。

 

この過蓋咬合は、一見、歯の並びだけをみるとそれほど乱れていない方も多く、見逃しがちな場合もあります。また、お子さんの場合は、親御さん方も見逃してしまう場合もあります。

DSCN0038

そして、過蓋咬合では、

「ガミースマイル(笑うと歯ぐきが多く見える)」

「顎関節症(がくかんせつしょう)」b-orooro.gif

 

を伴っていることが少なくありません・・・・・

 

一度、ご自身、ご家族、とくにお子さんで注意して見てみてください。

 

見た目だけの問題で無く、かみ合わせや健康上の問題から矯正治療が必要な場合があるかもしれませんnurse.gif

 

横浜駅(横浜市西区)にある矯正歯科専門の施設です。村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 口蓋, 口蓋 噛み合わせ, 歯並び, 矯正歯科, 過蓋咬合 and tagged , ,

過蓋咬合 噛むと歯ぐきがいたい 歯ぐきが下がっている

当院は、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分  また、横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、顎変形症(保険の矯正)やマウスピース矯正などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。矯正専門外来は土曜日も診療を実施しております。 同施設内には、一般歯科も併設しており、一般の虫歯治療、詰め物・かぶせ物(ブリッジやクラウン)、抜歯などの口腔外科処置、小児歯科処置や歯周病治療なども併設の施設で受けることが出来ます。

 

「噛み合わせが悪く、噛むと歯ぐきが痛いんです」

 

先日、そんな悩みを持たれた患者さんが相談にいらっしゃいました。

一見、ぱっと見!上の前はガタガタもなく比較的そろっています。

 

どこを矯正するの?って疑問に思われる方もいると思うような歯並びでした。

 

ところが・・・・・(00;)    上下の歯を噛み合わせると・・・・

 

前から見て 下の前歯が全く見えません!!

 

そうです!上と下の前歯が深く噛みあってしまい、下の前歯の先端(切端)が上の歯ぐきに当たってしまっています。歯ぐきには、跡が付いて赤くなっています。

この状態を 「過蓋咬合(かがいこうごう)」 といいます。

 

このかたは、重度の過蓋咬合 でした!

 

そうです!!

噛むと上の前歯の裏側付近の歯ぐきがキズになって、後も付いていました。

痛そうです・・・・・ed_01_03_010

 

さらに噛み合わせが深いため、上の前歯の先端が、下の前歯の表面民にもあたり、こすれています(><;)その機械的刺激により、下の前歯2本の歯ぐきが、下がってしまっています。

 

この状態を 「歯肉退縮」 といいます。

 

かなり、周りの組織に悪影響がでていました・・・・・

 治療前(②) (実際の写真とは異なります)

 

放置しておくと、下の前歯は早くグラグラして、やがて抜け易くなる可能性があります。

また、上の歯ぐきは機械的刺激を繰り返すことにより、さらなる歯肉退縮や歯周病、極端な場合には、口腔がんの発生リスクも高まってしまう可能性もあります。

 

この「過蓋咬合」は、意外と・・・・・・・・

 

  • 上の前歯が出ている事が少ない
  • 上の前歯のガタガタが少ないことが多い
  • 前歯が反対(反対咬合)の場合がない
  • 一応、習慣的に前歯で噛みきれるので、重度な場合を除いて自覚症状がない
  • 歯ぐきが痛い!など自覚症状が出るまで気にならない

など、意外と皆さん気にしていない方もいらっしゃいます。

 

 

歯並びが綺麗だから気にならない、大丈夫! とか

歯が出てないから気にならない!とか

 

並びばかりに目を向けずに、噛んだときの状態も見てください

 

ご自身、ご家族や特にお子さん、いま一度チェックしてみてください。意外と盲点かもしれないです・・・・・ed_01_03_012

 

 

横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、顎変形症(保険の矯正)やマウスピース矯正などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 歯並び, 矯正歯科, 過蓋咬合 and tagged , ,

かみ合わせが深い 過蓋咬合

当院は、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分  また、横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。矯正専門外来は土曜日も診療を実施しております。 同施設内には、一般歯科も併設しており、一般の虫歯治療、詰め物・かぶせ物(ブリッジやクラウン)、抜歯などの口腔外科処置、小児歯科処置や歯周病治療なども併設の施設で受けることが出来ます。

 

ある患者さんから、アゴが「ガクガク」鳴るんです!

歯並びは悪くないと思うのですが、かみ合せが悪いのでしょうか?

そんなご質問を受けました。

 

お口の中を拝見すると・・・・・・・

イヤイヤ!

(失礼ですが・・・・)決して良い歯並びとはいえませんでした・・・(00;)

 

確かに歯並びはガタガタしていません、しかし、前から見ると上の前歯は下の歯に深く覆いかぶさり、全く前から下の前歯が見えない状態でした。

 

この、かみ合せが深いという状態は、比較的、アゴの関節に何らかの症状(口を開け閉めした時に「音」がなるなど)をともなう事が多いようです。

 

かみ合せが深い!という表現をするのですが・・・・専門的には・・・・

 

過蓋咬合(かがいこうごう)」という状態です。

 

ん?意外とみなさんイメージがわかないのでは?

 

歯やアゴが・・・・・

出たり、

引っ込んだり、

開いたり、

曲がったり、

ガタガタっだたり・・・・

 

そんなとこには目が行きがちたし、イメージしやすいのでは?

 

ところが、かみ合わせが深い と言われてもなかなかどうもイメージが・・・ではないでしょうか?

 

かみ合わせが深いという「過蓋咬合」とは、

 

噛み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見え無い状態をいいます。

 DSCN0039(咬んだ状態)

この過蓋咬合は、クローズドバイトなんて言い方もします。
正常な噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っていますが、過蓋咬合の咬み合わせでは、これよりも著しく深く覆う咬みあわせになっています。

 

では、この過蓋咬合によりどんな弊害があるのでしょうか?

この過蓋咬合の方の数多くはブラキシズム歯軋り、喰いしばり)を伴っている場合が多いです。

 

過蓋咬合による力の影響は、歯、歯を支える骨(歯槽骨)、顎(関節)に及びます。

これにより、

  • 歯は、異常な状態で削れます(咬耗といいます)。
  • 歯が動いてしまう(下の前歯に凸凹が生じやすい、上の前歯が前に出て、歯間に隙間ができやすい
  • 歯槽骨:歯肉炎、歯周病の悪化因子になりやすい
  • 上の前歯の裏側と下の前歯の表側の歯ぐきが下がりやすい(歯肉退縮)、これにより将来、歯が早くダメになりやすくなる。
  • アゴが後方に押し込められ、関節が圧迫されるため顎関節症状を起こしやすい。
  • 小児期ではアゴの成長に影響を与えます。

 

このようなざまざまな悪い影響があります。

 

これらの問題は、特に成人になってから徐々にあるいは急に悪化してくる場合が多いと思われます。

 

もし、下の前歯の先端から1/3以上、上の前歯が覆いかぶさって、いたら、「過蓋咬合」の可能性があります。

 

もし、該当するようでしたら、一度、矯正歯科を受診してみてください。思っていたより悪い症状があった!なんてことも多いのがこの「過蓋咬合」の特徴でもあります。

 

是非、一度、お子さんでも、ご自身でも、「カチっ」と咬み合わせたときに、鏡の前でチェックしてみてください。

何か見つかるかもしれません・・・(0。0)/

 

村田歯科 横浜矯正歯科センター   村田正人

 

 

 

日付:  カテゴリ:ブログ, 歯並び, 矯正歯科 and tagged , ,