タグアーカイブ: 健康保険

矯正治療 保険適応 判断基準 顎変形症

横浜駅前   一般歯科を併設した矯正歯科です。
横浜駅前 横浜駅きた西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門の歯科医による舌側矯正、マウスピース型矯正や顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

 

色々、諸学会の仕事、講演会などもあり、少々記事が滞ってしましました。やっと秋めいてきましたね。HPを通しての情報発信!!これからもちょくちょく、出来る限りb-ganba.gifkira01.gif頑張りたいと思います。

 

さて、最近の出来事で少々・・・・

時々、初診相談やお電話でのお問い合わせで・・・・

「健康保険を使って矯正治療ができる医院ですか?」

「保険適応の矯正治療の判断基準って何ですか?」

「そちらの医院では、保険適応の矯正治療をやっていますか?」

「私、顎変形症だと思うのですが、健康保険の適応になりますか?」

gomen01.gif?などのご質問をいただく事がございます。

 

中には、ご自身の歯並びやアゴの状況など、初診予約のメールで事細かに記載していただき、ご質問いただくことがございます。皆さんのお悩みがひしひしと伝わってきます。b-orooro.gif

 

上記の質問に関してですが・・・・「健康保険が適応になるかどうか?保険で矯正ができるかどうか?」は、まず、その医院が、専用の診断機器を備え、専門の資格者がいる自立支援(育成・更生)指定医療機関であることが条件となります。

(当院は指定医療機関です。)bye03.gif

矯正歯科専門医院でも指定機関でない場合は、保険適応の矯正治療はできません。

 

次に「患者さんの 診察(または、精密検査)しないと明確な判断ができない」のが正直なところです。b-onegai.gif

 

矯正治療が、保険適応になるかどうかは、国の定める指定疾患、6歯以上の先天欠損や唇顎口蓋裂など診断がついている場合は100%!保険適応になります。

 

良く、判断や状態によって問題になるのが、歯並びと共にアゴのズレや非対称が著しい「顎変形症(がくへんけいしょう)」の場合です。b-kaminari.gifこれは、外科矯正治療ともいい、矯正治療と外科手術が必要になるケースです。

 

とくに、適応かどうか微妙な、ボーダーラインケースでは、猶更の事ことです。

この「ボーダーラインなケース」b-orooro.gifでは、とくに色々な方がいらっしゃいます。

 

「矯正歯科で一度、治療したけれども、アゴの曲りが治っていない。」

「受け口(アゴの出具合)が気になって矯正治療をしたのに前歯の反対しか治っていない。」

「歯並びは良くなったけど、咬みにくくなった。」

「もう、アゴのズレはこれ以上治せないと言われた。」

 

などの訴えで相談に来院されるかたも少なくないです。上記に記載したように、矯正歯科専門医院でも指定医療機関でない医院は、保険適応の矯正治療ができません。

 

少々のズレがあったとしても、顎変形症の適応、判断基準の診断ライン(ハードル)を高く上げた方針で診療を行っている医院もあります。その場合、多少のズレでも、通常の矯正治療のみで、顎変形症の可能性の説明も出てこない場合もあるようです。

もちろん、医院による考え方も違いもあると思います。外科手術の負担も考えて、なるべく楽にできる範囲で!と考える医院もあるかと思います。

 

当院では、逆に顎変形症の適応か?ボーダーラインなケースでお悩みの方も多くいらっしゃいます。

もちろん、精密検査をして、連携の口腔外科の判断、意見も確認し、総合的判断のもとですが、保険適応(顎変形症)になるかどうか?

可能性がある方は全て、正直にお話、その説明を行い、より良い治療結果を出せるように心がけています。

 

顎変形症(あごへんけいしょう)でお悩みの患者さんの、ある意味「駆け込み寺」的な医院でありたいと思っています。

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 保険が効く矯正, 反対咬合(受け口), 受け口, 外科矯正・顎変形症・口蓋裂, 大人の矯正, 未分類, 矯正歯科, 矯正装置・治療法, 費用 ・ お支払方法, 顎変形症 and tagged , , ,

健康保険はききませんか?

一部のケースで保険がききます。矯正治療は一般的に自費での治療ですが、顎変形症と診断され手術を併用する矯正治療、唇顎口蓋裂厚生労働大臣の指定する先天異常に伴う不正咬合は保険が適応されます。「村田歯科 横浜矯正歯科センター」は、指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎口腔機能診断施設の指定を受けています(※)。顎変形症と診断され、外科手術を併用した外科矯正治療を行う場合や唇顎口蓋裂、Down症候群と厚生労働大臣が定める先天性の特定疾患に伴う場合については保険治療が適応になります。

矯正専門の医院や施設でも、指定されていない施設での口唇・口蓋裂や顎変形症の矯正治療をする場合は、自費診療となり高額になります。更生医療機関として施設が指定されるためには、診断機器などの施設基準と適切な医療機関(大学病院など)で5年以上の矯正臨床経験および口唇・口蓋裂の治療経験・資格のある歯科医師が常勤している等の用件を満たすことが必要です。

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 矯正治療全般 and tagged , ,