インビザライン(invisalign)

invisalign(インビザライン)とは?

全世界で140万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な”マウスピース”のような矯正装置です。
ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくて済みます。

インビザラインの特徴

・痛みがほとんどない
ワイヤー矯正では歯が動くときに痛みがありますが、インビザラインはほとんど痛みがありません。一番最初のマウスピースを装着したときは、装置になれていないので違和感がありますが、その後の新しいマウスピースに交換しても痛みはほとんどありません。

・固い食べ物なども自由に食べられる

インビザラインの場合、お食事中は装置をはずすので、固い食べ物、カレーライスなどの色の濃い食べ物、ガムやキャラメルなどの粘着性の食べ物も食べることができます 。

・衛生的
患者さん自身で取り外しができる装置なので、歯磨きを普段と同じようにすることができます。また、ワイヤー矯正のように食べ物が装置に挟まることもありません。

・発音のしづらさがない
インビザラインの装置は薄いので、装着時の不快感や発音のしづらさはありません。また、装置装着による口元の突出感もほとんどありません。

 

 

矯正歯科について