村田歯科 横浜矯正歯科センター
の矯正の特徴

① 矯正歯科治療を専門に行う歯科医が担当

「矯正歯科」の標榜があればどこでも同じと思っていませんか?

現在、矯正歯科を掲げている歯科医院の数は増え続けています。
皆さんが通院できる範囲だけでも、たくさんそういった歯科医院があるのではないでしょうか?
矯正歯科は非常に専門性の高い特化した分野です。矯正歯科医院選びのポイントとしては、大学病院矯正歯科での専門教育を受け、国内外での研鑽を積み、日本矯正歯科学会の診査をパスした矯正歯科専門医(認定医)が治療にあったっているかどうかです。
当院では、矯正歯科治療を専門に行う歯科医(認定医)が常時勤務しています。 矯正歯科認定医とは「日本矯正歯科学会が一定の基準に従って審査し、その基準を満たしていると認定した矯正歯科医」をいいます。この資格は、国内で最も権威のある日本矯正歯科学会が認める資格の一つで最も重要な資格といえます。
認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。 矯正歯科治療を専門に行う歯科医が行っている医院は、それだけ豊富な治療経験・実績を積んでいることの証明でもありますし、安心して治療を受けることができます。

② 一般歯科施設が併設

歯科医院をかけもちする心配がありません。

当院では、「一般歯科」と「矯正歯科」の2科をそれぞれ別に併設しています。
言わば「普通の歯科医院」と「矯正専門医院」が一つの医院に存在しています。 矯正歯科のみの専門医院では、矯正治療の為の抜歯や虫歯の治療を行っていないところがほとんどです。そのため、抜歯のため他医院に通院して矯正治療の開始が遅れたり、虫歯が見つかった場合、矯正治療を中断し他医院で虫歯治療を行わなければなりません。
しかし、「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、一般歯科施設が併設されているため、矯正治療の開始がスムーズで、虫歯が見つかったなど緊急処置にも素早く対応できます。一般歯科とも密に連携を組み患者さんにとって最良な治療を行なえる環境です。
もちろん、患者さんの中には、普段から通院していて安心できる「かかりつけの先生」がいらっしゃる場合もあると思います。そういった場合もご安心ください。
この場合、矯正治療のみを当院で行ない、一般歯科治療が必要な場合は、「かかりつけの先生」にご依頼致します。

③ しっかりとしたカウンセリング

お一人おひとりに最善の治療計画を提案させていただきます。

矯正歯科に相談にお越しになる方は、皆さん治療法・装置・リスク・費用・治療期間・時期など、多くの不安や疑問を抱えていらっしゃいます。
そういった患者さんに対し「必ず100%綺麗になりますよ」「絶対に歯を抜かなくても大丈夫ですよ」など、矯正治療のメリットだけを伝えて治療を進めるような医院もあるようですが、決してそんなことは致しません。
どんなことにも必ず「メリット」と「デメリット」、治療として「可能なこと」と「不可能なこと」があります。「良いことも悪いことも」を十分にご説明し、納得いただいてから受ける治療こそ、「安心・安全な治療」だと考えています。
また、皆様に安心して矯正治療を受けていただくために、患者さんのご希望もふまえたうえで、お一人おひとりに最善の治療計画を提案させていただきます。
当院では、「インフォームドコンセント(患者さんが、説明を受け治療内容を理解、同意して治療を受けること)」は、当たり前のことです。さらに進んだ考え方として、患者さんがより納得して治療を受けられるよう、医師側がひとつの治療方法だけを提案して治療を進めるのではなく、可能ないくつかの治療方法・手段のメリット・デメリットを患者さんに提供し、患者さんが自らの意思で決定していただく「インフォームドチョイス(患者様が複数の選択肢から、治療方針を選択すること)」を実践しています。これを可能にするには、医師も常に高いスキル・経験が必要であることは間違いありません。
最新治療法を含むあらゆる治療方法に目を通し、精通していない医師は、責任を負えないことになります。常に日々精進を心がけています。

④ 患者様に負担の少ない治療

患者様にとってなるべく負担を減らすような治療方法をとっています。

舌側矯正、マウスピース矯正やインプラント矯正など新しい治療法や装置を併用することにより、治療中の痛みはかなり軽減されました。
また、なるべく矯正における永久歯(便宜抜歯)抜歯を必要最低限に抑えるよう適切な診断を行っております。抜歯を行った場合でも、状態により良好な親知らずは、かみ合わせに取り込みより多くの歯でバランス良く噛めるような治療を心がけています。
当院は指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関)および顎機能診断施設の指定を受けております。本来、保険が適応される矯正治療であるにもかかわらず、指定を受けていない医療機関や美容整形を受診し、高額治療を受けてしまったケースもあります。
当院は、指定医療機関のため、唇顎口蓋裂・指定症候群および骨格性不正咬合(受け口・アゴのズレ・出っ歯)などの顎変形症の矯正治療が、保険適応となり、患者様のご負担が少ない矯正治療が可能です。

⑤ 様々な診断機器

院内には矯正治療のための様々な機器を完備致しております。

当院ではデジタルレントゲン写真、顎機能診断装置や筋電図計など多様な診断装置を整備しております。 院内に技工室があり歯科技工施設が充実しています。
また、歯科技工士が常駐しているため、装置作製や修理対応が迅速に行えます。
院内に歯科技工室を併設している当院では技工料金(依頼費用)を抑えられるので、その分、治療以外の余分なコストカットができ、治療費用を抑えることが出来ます。

⑥ 見えない装置・目立たない装置にも対応

当院では、裏側の見えない装置(舌側矯正装置)を推奨しています。

表側でも見えにくい透明(または白い)装置を標準で使用しています。前歯には銀色の装置は使用しておりません。そして、審美面を考慮し、ワイヤーも歯の色に近いゴールド系のワイヤーやホワイトコーティングワイヤーを使用しています。一般的なシルバー色のワイヤーに比べ、治療中の口元がはるかに明るくきれいに見えるため、目立ちにくく、患者さんに喜んでいただいております。
歯に装置をつけない、マウスピース型矯正装置も対応しています。 歯を動かす治療後に歯の位置を安定・固定させるために使用するリテーナー(保定装置)でも目立ちにくいものを選択できます。
当院では、透明なマウスピースタイプや歯の裏側に仮固定する細いワイヤのタイプなどなるべく目立たない保定装置を使用しています。