カテゴリ: 歯周病・虫歯
村田歯科 横浜矯正歯科センター Blog

出っ歯 口が閉じない 歯肉炎

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。

横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。

 

「歯が出ていて口が閉じにくい」

「咬んでも前歯が閉じない」

「歯並びがガタガタで、八重歯もあり口が閉じにくい」

「歯並びは比較的キレイがけど、上下で口元が出ていて口が閉じにくい」

 

などなど、お口を普段から閉じたいけど、歯並びのせいで口がつい開いてしまうというかたも、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな時は、歯並びや口元の見た目の問題だけではなく!!

 

歯ぐき(特に前歯)の状態をよーく見てみてください!赤く筋が入ったように歯と歯ぐきの堺(歯頚部)が腫れてみえませんか?

歯肉炎

赤くなっていませんか?

これは乾燥により、歯肉が炎症を起こし肥厚(厚くなった)した状態です

ブヨブヨしていませんか?歯肉炎です!しかも、口が閉じにくいことで引き起こされる乾燥からくるものです。

 

歯ぐきが乾燥すると炎症を起こします、そして、当然ながら

「歯周病になる確率も増します」

 

矯正治療を行いながら、口呼吸も含め、口の周りの筋肉や癖を治していくと・・・・

歯肉炎術後

歯ぐきは改善していきます。

 

ちょっとした歯ぐきの炎症では、あまり自覚症状もないものです・・・・

 

歯磨きの時にちょっとしがでるなあ!とか、すこし赤みがあるが気合入れて歯磨けば治るだろう!とか思っていませんか?

 

勿論、歯磨き不足による歯肉炎もあります(←これは根本的な問題です、ダメです)・・・・(xx)

 

しかし、歯並びが悪いことによる口呼吸などが原因の歯肉炎もあるんです。

 

矯正歯科治療は、歯並びを良くするだけでなく、「歯を守る」治療でもあります。

 

ご自身で、または、ご家族で・・・・

 

「ちょっと歯が出てるな!」とか

「ちょっとお口がいつも開いているなあ!」とか

「ちょっと口元がでてるな!」とか

 

思い当たる節があったら、今一度、確認してみてください。炎症が見つかるかもしれません。そんな時は、矯正歯科を受診してみてください。

 

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

 

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:ブログ, 全身への影響・健康への影響, 口呼吸, 口呼吸・オトガイ, 未分類, 歯並び, 歯周病・虫歯, 矯正歯科, 矯正治療のメリット and tagged , , , ,

口呼吸 歯並び 歯周病 

当院は、横浜駅から近い矯正歯科専門の施設(自立支援指定医療機関)です。横浜駅 西口徒歩1分 の村田歯科医院内にある矯正歯科専門の村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。併設の一般歯科では、抜歯や虫歯治療なども可能です。

 

だんだん寒さが増してきましたね。気付けばあと今年も2カ月を切ってしまいましたaicon_bbs07.gif

 

さらに空気も乾燥してきました。鼻づまりも出やすく、お口の中も乾きやすい季節になってきます。そこで、今回、「口呼吸」についてです

鼻で呼吸せず、口で呼吸することを「口呼吸」といいますが、口呼吸は歯周病を悪化させます。ga-n01.gif

 

なぜ?口呼吸が歯周病に悪いのか?

お口ポカン「お口ポカ~ん」

ズバリ、口が乾燥するからです!

 

口を開いていることによって、歯と歯茎の周囲が乾燥し、歯周病菌が粘度を持つことで歯ぐきに付着しやすくなります。 歯周病の原因菌は、乾いた環境で繁殖しやすいため、口呼吸による乾燥が歯周病や虫歯を進行させる原因になります。b-orooro.gif

 

さらに口の中が乾けば、唾液が少なくなり、唾液の持つ消化作用やお口の中の酸性を中和する作用(緩衝作用)、または、歯を修復する作用(歯の再石灰化)などが働きにくくなってしまいます。

 

お口「ポカン」なクセのあるお子さんは、特に早めに直させる必要があります。

 

口呼吸が原因で、歯並びを悪くしさらに口呼吸がひどくなる・・・という悪循環が始まってしまいます。 (←ココ!ポイントです)

 

知らず知らずに

「口呼吸=悪い歯並び=歯周病(歯肉炎)」という連鎖が出来上がってしまいます。icon_sad.gif

 

さらに口呼吸も原因によっては治すのが容易でないものがあります。 例えば、アレルギー性鼻炎などで慢性的な鼻づまりが続いて起こる口呼吸は、耳鼻科での治療も必要になります

 

また、口呼吸は「歯並びに影響を与える」場合もあれば、「歯並びが口呼吸を誘発する」場合があります。
前歯が出ているため口を閉じた状態を続けられず口呼吸になっている場合は、矯正治療により歯の位置を移動させ、お口が閉じやすい正しい咬み合わせにする必要があります。

顎変形症4

逆に、小さい頃からの鼻づまりや指しゃぶりなどのクセが原因で、歯並びが悪くなってしまった場合もあります(上顎前突、開咬や上下顎前突などの状態が多いようです)。

指しゃぶり

 

さらに、口呼吸や「お口ポカン」がクセになっている場合は、口輪筋(口の周りの筋肉)を鍛えることが必要になります(筋機能療法)。

 

矯正治療は、歯並びを治すだけでなく!!

 

歯を守る!お口の健康を守る!虫歯や歯周病を予防する!治療でもあります。book.gifnurse.gif

 

最近では、健康のために矯正治療を始める30歳代後半~50歳代の患者さんも多くなっています。

 

「口呼吸=悪い歯並び=歯周病(歯肉炎)」の連鎖が起こってないか?または、起こりそう(予兆)ではないか?b-kumori.gif

 

今一度、チェックしてみてください。前歯の歯ぐきが特徴的に赤みを帯びていたら、要注意です。

出っ歯2

矯正歯科で、歯並びの状態やクセなどについても、一度、受診してチェックすると良いと思います。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 全身への影響・健康への影響, 口呼吸, 歯並び, 歯周病・虫歯, 癖・習癖, 矯正歯科, 矯正治療のメリット and tagged , ,