カテゴリ: ブログ
村田歯科 横浜矯正歯科センター Blog

日本舌側矯正歯科学会 学術大会(大阪) 参加

横浜駅前 当院は、横浜駅からすぐの一般歯科と矯正歯科を併設した施設です(横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分  東口徒歩2分)。矯正専門の歯科医による裏側(舌側)矯正、早期小児期からのプレ矯正、マウスピース矯正顎変形症(保険の矯正)など幅広い専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

早いもので今年もあとわずかになりましたね、大寒波も襲来し体調管理には気を付けたいものです。

 

先日は、第29回日本舌側矯正歯科学会 学術大会に参加させていただきました。

今回の大会は、大阪での開催であり、また、今年は学会のお仕事のお手伝いをさせていただくようになってから、初めての学術大会でした。

 

会場では想像以上に多くの先生方がおいでになり、朝一から会場の椅子が不足し、急遽、椅子の数を増やしたり、会場を拡張したりと大盛況でした。

日ごろお世話になっている諸先輩の先生や久しぶりに会う関西方面で開業した後輩ともお話することができ、治療方針や素材など意見交換もできました。

また、学会後の懇親会では、学会理事の先生方とも症例や治療経験など様々なお話を伺くこともでき、例年以上に大変有意義な学会となりました。

舌側矯正の分野でも、日々進化する矯正歯科治療に目を向け、かつ、古きよき基本的な技術を忘れずに、日々精進して参りたいと思います。book.gif

もう、12月も半ばを過ぎました、年末でバタバタと忙しくなる時期ですが、初心を忘れずに頑張りたいと思います。

皆様も体調管理に気を付けてご自愛ください。

お今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 大人の矯正, 治療法, 矯正歯科, 舌側矯正 and tagged , ,

年末年始 診療日程 お知らせ

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関(指定疾患では保険の矯正治療が可能)です。
矯正歯科治療を専門に行う歯科医による舌側矯正マウスピース型矯正装置顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

 

kira01.gif<年末年始休診のお知らせ>kira01.gif

2017年12月29日(金) ~ 2018年1月4日(木) まで 年末年始休診日とさせて頂きます。

 

 

また、12月28日(木)は都合により、

診療時間(受付時間)を 午前 9:30~12:45 のみ

とさせていただきます。

30分繰り上げての診療開始となりますので、宜しくお願い致します。kaeru01.gifup.gif

数日間休診になりますので、連休の直前では処置内容が限られてしまう場合があります。

 

特に矯正歯科では、装置の脱離や不具合が付き物です。

「装置が外れている気がする」「痛い」「なんとなく気になる」など、 痛みや気になる症状がある場合は、お早目の受診をお願いいたします。

nurse.gif

当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

尚、年始は2018年1月5日(金)より、通常診療となります。

 


村田歯科医院/ 村田歯科  横浜矯正歯科

スタッフ一同

日付:  カテゴリ:ブログ, 医院情報, 未分類 and tagged , ,

歯並び 診てわかること 片噛み

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。横浜駅前の一般歯科を併設した矯正歯科です。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正歯科治療を専門に行う歯科医による舌側矯正、マウスピース型矯正装置の使用や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

当院では、初診相談時に患者さんを診察するときに確認することがあります。

歯並びを診るのは当然ですが、歯並びだけを診てその患者さんの状態を判断することはしません。

 

まず、最初にお話しを伺っている時から色々と見ています。w03.gif

話し方や癖や舌の位置、発音など、先に患者さんが意識してしまうことが内容に・・・こっそりと?icon_eek.gifチェックしています。

 

また、必ずアゴの関節や周囲の筋肉などを確認して、噛み癖や食べ方などもチェックします。

 

そうすることで、歯並びや咬み合わせだけでなく、生活習慣や癖からの影響も読み取れ、今後の診断や治療方針に役立てることができます。

例えば、代表的なものに「噛み癖」があります。左右どちらの奥歯で普段食事をすることが多いか?歯並びや触診などで「噛み癖」が見えてきます。もちろん、治療や予後の安定性にも影響しますから、癖を読み取り治療や生活指導に役立てます。

 

ご自身で簡単なことですが「噛み癖」をチェックすることもできます。

 

まず、普通のタイプのガムを何も考えず少し噛んで軟らかくしてください。

 

その後、左右どちらが先でも良いですが、片方の奥歯で1分間ずつ噛んでください。

(このとき時間に基準は無いですが、まー大体1分間程度がちょうどよいと思います。)

 

両方1分間噛み終わってみて、どちらが疲れたか?なんとなく噛み辛い違和感があったか?確認してみてください。

 

もし、この時点でハッキリしなければ、日を置いて何回か計測してみてください。

 

「疲れたり、違和感のある方が普段咬まない方なので、その逆サイドの奥歯で良く噛む!すなわち、噛み癖のある方になります。」b-orooro.gif

 

ものすごく簡易的なことですが、チェックできるかと思います。

 

このように、当院では必ず、歯並びや咬み合わせなどを診るのはもちろんの事、その裏に隠れ居ている原因や症状、習慣なども見抜くことも大切だと考えています。

 

噛み癖をご自身で確認してみてから、矯正相談にいらっしゃるのも良いかと思います。

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田 正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 全身への影響・健康への影響, 噛む 咬む, 未分類, 歯並び, 癖・習癖, 発音・しゃべり方, 矯正歯科 and tagged , , , ,

非抜歯矯正 抜歯矯正 どちらが良い?

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の一般歯科を併設した矯正歯科です。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正歯科専門の歯科医による舌側矯正、マウスピース矯正装置や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

時々・・・
「抜歯矯正と非抜歯矯正 どちらが良いのですか?」
というご質問を受ける事があります・・・・・・

「非抜歯矯正」VS 「抜歯矯正」

の様は対で比較することは、個人的には好きではありません!!

そもそも、「非抜歯」か?「抜歯」か? どっちが良いか比較すること自体が間違った考え方です。kaeru04.gif

 

そもそも、誰も健康な、まだ、使える歯を好んで抜きたい人は居ないと思います。

私も抜きたいとは思いません。

 

ただ、これは、抜くか?抜かないか?に焦点を当てているだけで、抜くか?抜かないか?は、治療の過程であって、その患者さんの歯並びや咬み合わせを良くするために必要な手段かどうかです。kaeru04.gifup.gifもちろん抜歯をしなくて済むならそれに越した事はありません。

 

今の状態よりも良くするために、「抜歯をする場合」もありますし、「抜歯をしなくて済む場合」もあります。

やはり、kira01.gif正しい診断の元に抜歯か非抜歯かを選択しますそれが一番です。kira01.gif

あくまで、 「抜歯」は治療上の必要な1つの手段です。

 

 

成長期の前か後かなど、矯正治療を開始する時期(年齢)によっても、手段は異なることがあります。

 

その方にとって、必要なただし治療方針の選択としているか?です。

これは、矯正歯科で行う精密検査をすれ必ずわかります。そして、きちんとした矯正歯科を専門に行う歯科医が見れば必ず答えは出てきます。

 

 

 

専門的な精密検査正とは・・・・・

「セファログラム(頭のレントゲン)、パノラマ(お口の全体のレントゲン)、平行模型(お口全体の歯型)そして顔貌・口腔内写真(顔、口元や歯並びの写真記録)」
は、必須です。そして、100~200項目位の分析を行い診断・治療計画を立案しますb-ganba.gif

ただ、歯を並べる!という事だけが、矯正治療ではありません。

その治療の仕方が、患者さんのケースごとに、ちゃんとした診断の下、方法や装置がしっかり合ってるか?
それがとても大切なことなんです。

治療として、抜くか?抜かないか?を天秤にかけること自体が偏った考え方であり、大切なのは、治療結果と良好な経過ではないでしょうか?nurse.gif

 

私自身も診断や治療方針を決める際にいつも、自身が偏った考え方にならないよう、治療方針が決まったあとも、もう一度立ち返って確認するように常に心がけています。

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 大人の矯正, 子供の矯正, 抜歯・便宜抜歯, 抜歯・非抜歯の考え方, 未分類, 歯並び, 治療法, 矯正歯科, 矯正治療のメリット and tagged , ,

顎変形症 外科矯正 保険適応 正しい治療

横浜駅前(きた西口徒歩30秒)の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を超える歴史ある医院です。横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正歯科専門の歯科医による舌側矯正マウスピース型矯正顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

当院では、「顎変形症」の患者さまも多く通院されています(保険適応の矯正)。通常、自立支援の指定医療機関でない矯正歯科では、健康保険が適応になりませんが、指定医療機関であると矯正治療でも健康保険が適応になり患者様の負担がかなり軽減されます。

 

 

ちょっと前に、9月に入り少し暑さも和らいできたなあ~と思っていたら・・・・・

11月に入り今年ものこりわずか!icon_eek.gif

クリスマスkira01.gifや師走の忙しい雰囲気が徐々に・・・・・(毎年思いますが今年は何だかすごく・・・)

 

さてさて、そんなこんなしていると、冬休みになり、あっという間に年も明けて

「新年あけましておめでとうございます」ramen.gifって感じでしょうか?(って早すぎ・・・・笑)

 

 

やはり当院でも、お休みの時期が近くなると矯正歯科治療をはじめてみようかな?という患者さんも増えてきます。

 

そこで今回は、少しでも治療費負担が少なく!適切な矯正治療が受けられるようにと!

当院が受けている指定(指定医療機関)の1つについてです。

当院では・・・・・「必要な患者様には、きちんとした精密検査に基づいて、顎変形症の治療(外科矯正治療)を積極的に行っています」b-ganba.gif

 

 

当院は、指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関)
顎機能診断施設 の指定を受けています。

きいたことがありますか?

すごく簡単にいうとkaeru02.gif

「保険適応の矯正治療ができる医療機関である」kaeru01.gifということです。

どのようなことかと言うと、少々難しい内容かもしれないですが、以下にまとめてみました・・・・

保険診療にて矯正治療をおこなうためには、更生医療指定機関の指定を受ける必要があります。更生医療指定機関では、顎変形症の歯科矯正治療が健康保険でおこなえますが、指定されていない施設で顎変形症の矯正治療をする場合は、自費診療となりかなりの高額になります。

更生医療機関として施設が指定されるためには、施設の基準と適切な医療機関(大学病院など)で5年以上の矯正臨床経験日本口蓋裂学会会員および口唇・口蓋裂の治療経験のある歯科医師が常勤している等の用件を満たすことが必要です。

さらに顎変形症に保険を適応するためには、施設に顎運動測定器筋電図などの器材の設置が義務づけられています。

 

ざっくり言ってしまうと、

必要器材が設置され、該当資格をもった矯正歯科医が居れば保険で矯正歯科治療ができる」ということです。

ちょっと細かいことですが、保険適応の矯正とは?以下に該当する患者様が適応になります。

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関)および顎機能診断施設の指定を受けた医療機関では、唇顎口蓋裂・指定症候群および骨格性不正咬合(外科矯正)の矯正治療がすべて保険の範囲で可能となります、

以下の内容に該当する方であれば、矯正治療および外科的処置を保険の範囲内ですべて受診することが出来るため、患者さんの負担もかなり少なくなります。

対象となる主な疾患(厚生労働省)
唇顎口蓋裂・口唇裂・口蓋裂・顔面裂、第1第2鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ロンベルグ症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経線維腫症、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウィリー症候群、6歯以上の先天欠損歯が認められる場合 さらに顎変形症手術を必要とする骨格性の反対交合、上顎前突や開口症等も矯正治療が健康保険適用となります(外科矯正)

その他、徐々にではありますが、適応範囲はひろがりつつありあます。

上記のように色々な指定疾患のみでなく、骨格性反対咬合(受け口)や上顎前突(出っ歯)なども顎変形症として健康保険が適用されます。

 

 

色々な先入観や情報で、色々と悩んでしまっている方も多いかと思います。

正しく納得のいく治療を受けるために、まずは一人で悩まず気軽に顎変形症の適応であるかを相談してみてください。

当院では「必要な患者様には、きちんとした精密検査に基づいて、顎変形症の治療(外科矯正治療)を積極的に行っています」

また、年間、多くの顎変形症の患者様が来院されています。

 

顎変形症はきちんとした、診断と治療方針で治療をすれば必ず良い結果が得られます。

悩んでいることが、スッキリ解決して、納得のいく治療方針が見つかるかもしれません。

 

村田歯科院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田 正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 保険が効く矯正, 反対咬合(受け口), 受け口, 外科矯正・顎変形症・口蓋裂, 大人の矯正, 未分類, 歯並び, 矯正歯科, 顎変形症 and tagged , , ,

第76回日本矯正歯科学会大会 学術大会(札幌) 参加

横浜駅前 「村田歯科 横浜矯正歯科センター」は、横浜駅からすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の施設です(横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分  東口徒歩2分)。矯正歯科医治療を専門に行う歯科医による多彩な裏側(舌側)矯正、早期小児期からのプレ矯正や顎変形症(保険の矯正)など幅広い専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

先日は、第76回日本矯正歯科学会大会 学術(札幌)参加 に際し、一部休診日とさせていただき、皆様にはご迷惑をおかけいたしました(10月18日~20日)

また、患者様には診療日において、ご協力いただき、誠にありがとうございました。

朝の飛行機にて、羽田空港より新千歳空港に向けて出発しました。f02.gif

羽田空港を出発する際、天候は激しい雨で、かなり揺れましたが、北海道に近づくにつれ天候が回復していき一安心でした。

 

個人的には、学会で北海道に行くのは2回目となりました。思いの他、気温が低くコートが活躍しました。

非常に有意義な学会参加となり、毎年思うことですが、新たな刺激になりました。

 

今月も「日本舌側矯正歯科学会 学術大会」で大阪に出向く予定です。ただ、祝日のために何とか、診療日程には影響ないようです。頑張ってきます。

 

これからも、日々進化する矯正歯科治療に目を向け、かつ、古きよき基本的な技術を忘れずに、日々精進して参りたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 医院情報, 未分類, 矯正歯科, 診療日程・診療時間について and tagged , , ,

裏側矯正 できない歯並び できない場合

横浜駅前の一般歯科を併設した矯正歯科です。

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門の歯科医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

矯正の初診相談にいらした患者様より、

『私の場合、裏側矯正(舌側)だと治療ができないケースです!と言われたことがあるんですが、やっぱり厳しいですか? 』

とこんなご質問を受けることがあります。

 

出来ないケース?・・・・icon_rolleyes.gif

 

それは違います!!

 

表側の矯正やマウスピース矯正で治療できる症例はほぼ全て裏側でも可能です。
歯があれば出来ます。歯茎や骨がある程度しっかりしていれば可能です。

 

時折、ネットの記事や聞いた話で・・・・

「歯の裏側に装置がつくため、診断や治療方法が難しく、歯並びの状態により不向きである。」

 

というようなことを聞いたことがありますが・・・・

当院では表側で治療できるケースはほぼ全て裏側でも可能であると考えています。裏側(舌側)矯正の装置も、小型化され違和感も少なくなっています。さらに、3D技術を取り入れた、最新の新しい装置の裏側矯正治療も積極的に治療を行っています。

院では、裏側矯正で治療を受けていらっしゃる患者様は多くいらっしゃいます。
アゴの手術が必要な顎変形症でも裏側(舌側)矯正治療は可能です。

いろいろなケースの治療が可能です。

どんなに歯列不正がひどい場合でも、今は、ざまざまな装置があり、それらを応用することにより、見えない矯正治療もしっかりした治療効果が得られます。

裏側(舌側)矯正を希望されていて、お悩みの方は、一度、初診相談を受けていただくことをおすすめ致します。

 


疑問、不安やわからなかった事が解決されるかもしれません。

念を押しておきますが、表側の装置で治せるものは、裏側の装置でも治せます。

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター
村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 医院情報, 未分類, 歯並び, 治療法, 矯正治療のメリット, 矯正装置・治療法, 舌側矯正 and tagged , , ,

子ども 反対咬合 治療時期

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

ここのところ、過ごしやすい日が続きますね、夏休みも終わり子供たちも日常生活に戻れたでしょうか?

当院の矯正歯科も夏休み期間中は、だいぶ賑やかになっていました。

そこで、最近少々多かった、お子さんについてのご質問の中から抜粋してお答していきたいと思います。ちょっと前に春の歯科検診時にも多くなる質問でもあります。

 

お子さんの前歯が反対である、いわゆる「反対咬合」についてのご質問です。

「歯科検診で早く診せに行かないと大変なことになる」と言われた。

「前歯が生え変わるまで様子を見ましょう」とか、

「前歯4本が生え変わるときに治ることがあるからまだ何もしなくてよいです。」

「永久歯で反対だったら矯正治療を開始すればいいです」とか、

「骨格性の反対咬合だから将来手術が必要になるかもしれない」とか、中には・・・

「永久歯になって成長が止まってからでよい」なんて言われたとのこと・・・・ga-n01.gif

いろいろと言われて、心配で矯正相談においでになる方がいらっしゃいます。

 

様々な情報も飛び交い、それぞれの医師によって異なる意見を言われて、大変迷って、どうしたらよいか?困ってしまう場合も多々あるようですb-orooro.gif

ですから、今回はなるべくシンプルに段階を追って、ご説明できればと思います。

子どもの反対咬合といっても色々な段階があるかと思います。まず・・・・・

 

<乳歯列での反対咬合>・・・3歳児歯科検診などで指摘を受けた場合

もう少し様子を見ても良いかと思いますが、できれば一度、矯正歯科に相談に行っていただき現状を把握した方が良いかと思います。3歳だと実際に何らかの矯正装置をしようすることは中々な難しいかと思います。ただ、前歯が永久歯交換まで待つのではなくて、半年~1年ごとの矯正歯科での定期的なチェックが必要かと思います。そして、ベストなタイミングでの矯正治療が始められるようにしたいものです。

 

<混合歯列(5~6歳)での反対咬合>・・・幼稚園の歯科検診などで指摘を受けた場合

そろそろ始めた方がよいですね。もし、この時点で、前歯が永久歯に生えかわっていなくても、もしくは、まだすべて乳歯でも、一度、受診していただき、状況により精密検査を行い現在の反対咬合が、どのようなタイプなのか?今後の治療方針や対応を決めるうえでも把握しておく必要がります。必要な方は、機能的矯正装置(マウスピース型矯正装置:プレオルソ、EF line、T4K など)から初めます。

 

<混合歯列(7~8歳)での反対咬合>・・・学校の歯科検診、一般歯科医指摘を受けた場合

この時期に反対咬合であった場合は、まず第1期治療としての専門的な矯正歯科治療が必要になります。ちょうどこの時期は、上アゴの成長が始まります。反対咬合をこの時期に放置しておくと上アゴの成長が抑え込まれたり、歯や舌の位置異常がひどくなったりします。精密検査を行い矯正歯科治療を始めた方が良いと思います。

以上、年齢別に分けてみましたが・・・・要点としていかにまとめてみます。

hare.gif<要点>hare.gif・・・子供の反対咬合の場合

  • 歯の生え変わり状況ではなく、年齢で受診する時期を考えてください!!(受診できる状態でしたら6歳前後がベストです)
  • もし、どこかで前歯4本が永久歯に生えかわってからでも良いと言われても、歯並びで考えないで年齢(6歳前後)で受診時期を考えてください。
  • 乳歯の時期に反対咬合で、永久歯に生えかわるときに治るかもしれないから、前歯が生え変わるまで待ちましょうと言われても、この考え方は「古い」「歯並び」しか診ていないと考えています。反対咬合による舌への悪い影響やクセ(低位舌、発音、嚥下異常など)は、後に歯並びは治せてもクセは中々治らない場合があります。歯だけの問題ではないと思ってください。

 

以上、いろいろと書きましたが、反対咬合で受診時期を迷ったら、もちろん、気になったときに受診して確認すればよいと思います。当院でも反対咬合で、3歳くらいから経過観察しているお子さんもいらっしゃいます。h05.gif

迷ったりわからなかったら、

「6歳前後には受診」と覚えておいてください!

村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター

村田正人

 

日付:  カテゴリ:ブログ, 反対咬合(受け口), 受け口, 子供の矯正, 未分類, 歯並び, 矯正治療のタイミング, 矯正装置・治療法, 第1期治療(小児矯正) and tagged , , ,

2017年 夏季休診のお知らせ 

横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

 

<夏季休診のお知らせ>

8月10日(木)~16日(水) まで 夏季休診日とさせて頂きます。

通常、矯正歯科の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」は水曜日は休診日ですが、8月9日(水)は、臨時診療日として実施します。夏季休診あけは、一般歯科と同時に診療を開始致します。

 

また、8月9日(水)は都合により、最終予約時間を

「矯正歯科:~19:00まで」

「一般歯科:~18:30まで」

とさせていただきます。

 

「装置が外れている気がする」などicon_neutral.gif

痛みや気になる症状がある場合は、お早目の受診をお願いいたします。

当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。

ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

横浜の矯正歯科

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター

 

院長・スタッフ

日付:  カテゴリ:ブログ, 医院情報, 診療日程・診療時間について and tagged , ,

日本顎変形症学会総会・学術大会 参加 

 横浜駅前 横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅から一番近い矯正歯科専門の施設です。
横浜駅前の矯正歯科です(一般歯科併設)。横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐの村田歯科医院内にある矯正歯科専門の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより充実した専門的な矯正歯科治療にも取り組組んでいます。

 

先日、「第27回日本顎変形症学会 総会・学術大会」
に参加させていただきました。
今回は、東京ビッグサイトにて開催されました。

(横ですが・・・・(-_-;))

当院では、多くの顎変形症の患者様に通院頂いておりますが、その治療でいつも医療連携(手術担当)をさせていただいております先生の発表から拝見しました。

発表内容は、顎変形症治療では、大切な手術に際して使用する『サージカルガイドプレート』 の製作に関するものでした。

 

いまや、CTスキャンや3Dぷりんたーを屈指して精密に製作されていました。作製中の動画なども映し出され非常に興味深く拝見しました。また、同時に連携病院として、より頼もしい病院であることを実感しました。👏

 

発表後には『お疲れ様です、いつもお世話になっております。』とご挨拶をして、最近手術をお願いした患者様の術後経過やこれから近々手術予定の患者様について、少々、お話をさせていただきました。

また、大学病院時代からお世話になっていた先生にも久しぶりに近況を伺うこともでき、最近は、大学病院を離れて災害医療センターに移られたそうで、そちらでも顎変形症の手術を行っているとのこと、機会があればお世話になりますとご挨拶ができました。🚑

連携先病院が多いこととは当院にとっても大変ありがたいことです。😃

nurse.gif

今大会も、従来からの顎変形症の治療についての統計研究・発表は勿論のこと、口腔外科医や形成外科医、小児科医の先生方のご意見なども伺うことができました。とても有意義でした。

また、裏側(舌側)矯正装置やマウスピース型矯正装置を応用した新しい顎変形症治療への試みなどの発表もあり、日々進化していることを実感できました。

 

当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。
当院でも、「顎変形症(外科矯正治療)」の患者様には多く通院頂いております(健康保険が適応になっております)。

日々精進、積極的に学会も参加しております。

 

時折、学会参加につき臨時休診とさせていただくこともあり、患者様にはご迷惑をおかするこありますが、どうぞご理解、ご協力のほどお願いします。🤦

基本を大切に新しい情報に対しても常にアンテナを向けてより良い顎変形症(外科矯正)治療を目指してまいりたいと思います。

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:ブログ, 保険が効く矯正, 受け口, 外科矯正・顎変形症・口蓋裂, 未分類, 治療法, 矯正歯科, 顎変形症 and tagged ,